スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

合宿雑感

も~い~くつね~る~と~ ま~っち~ん~ぐ~

>挨拶

さて先日最後のMESS合宿に行ってまいりました。
相変わらず1回生はヒィヒィ言いながらスピーチを作り、
上回生はストイックに各セクションのプレパに明け暮れ、合間にスピーチを見ていました。
僕は2日目からの参加で、一応何人かのスピーカーとBMCを。

やっぱりスピーチはトピック選びが重要ですね。
いくら頑張ってブレストしても限界はくるし。
あと、どんなにいいトピックでもリサーチなしだと薄っぺらくなるね。

当たり前のことしか言ってませんが。

聞き込み調査したところ、例の神冊子の内容を参考にしてOrgani作ってるチューターは少数派。
最初に配布して以来まったく確認していないグループも多いとか。
うぅんなんだか時代を感じますね~
それに問題意識を持っている後輩もいるので、またこれから改善していくといいんですけど。

なんとなくスピーチのブレストは医療面接に似ているような気がした。
スピーカー(患者)の悩みに対して、的確な質問を飛ばすことで情報を引き出し、
それに基づいてフロー(治療方針)を決定していく・・・
医療面接の場合はゴール(確定診断)を目指して病歴聴取をしたり、その後の診察・検査をしていきます。これは疾患をある程度想定していないといけません。
スピーチの場合はどうでしょうか。
目指すスピーチ像はそんなにはっきりしているでしょうか。
どんなスピーチがいいのかということを理解しておかないとブレストも正しい方向に進まないと思います。
もちろん、良いスピーチというものが決まっているわけではないです。
大学によっても認識が違うでしょうし、WJEMAと全学でもまた違うでしょう。
採点するジャッジによっても違うのは毎年の結果をちらちらみててもわかります。
じゃあ別にどーでもいいかというと、そんなことないと。
ある程度の方向性、考え方は必ずスピーチを作る基本的態度に必要だと思います。

じゃあたとえばどーゆーこと、というのをえらそうにここで語れるわけではありませんが、
ちょっと周りに目を向けると情報はたくさんありますし、
そういうことを考えている上回生はできれば何も知らない後輩に少しでも伝えていってほしいです。

ESSというクラブの性質上、上から下へ口頭でしか伝えていくことのできないことは多いです。
ちょっとコミュニケーションが希薄になっただけで、明らかにセクションの質は落ちます。
spとbmcしか知りませんが、もちろんdebもだと思います。

English SPEAKING societyということを忘れないでほしいです。



・・・という半分愚痴、半分自戒の意味をこめての珍しくまじめな記事でした。

1回生も上回生もみんなスピーチがんばってねー!
スポンサーサイト
Twitterでつぶやく

Comment

2009.07.24 Fri 10:49  |  

得体の知れない集団(=ESS)だと思ってたよ…笑

  • #jq.GkQIw
  • kmd
  • URL
  • Edit

2009.07.24 Fri 23:57  |  

ほんとのところEating Sweets Scietyらしい。

  • #-
  • つっちー
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tutti2828.blog29.fc2.com/tb.php/651-8fddd2c8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カウンター

30000+

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

つっちー

Author:つっちー
2010.4 - 2012.3: 初期研修
2012.4 - : 後期研修(感染症内科)



にほんブログ村 大学生日記ブログへ

FC2投票

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プレーヤー

リンク

RSSフィード

Copyright © つっちー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。