スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

foodie

Foodie is an informal term for a particular class of aficionado of food and drink. The word was coined in 1981 by Paul Levy and Ann Barr, who used it in the title of their 1984 book The Official Foodie Handbook.

from wikipedia


children's hospitalのradiology fellowが大学の放射線科の教授の知り合いで、
UWにapplyするときにrecommendation letter書いてもらったりしてお世話になったんですよ。
さらにこちらに来てからも何回も食事に連れて行ってもらって、かーなーり、ご馳走になってます。

italian restaurant, oyster bar, cruising, etc...

そして今日は待ちに待ったSUSHI!!

Shiro's sushi restaurant

というところに連れて行ってもらいました。
fellowがshiroさんと友達で、よく店に通ったり飲みにいったりするそうで。
shiroさんはSeattleに25歳できて43年ということで、USでの寿司のpioneerです。
カウンターに座ってfellowが一言。

「shiro-san, omakase shimasu.」

通はカウンターでこう注文するらしいです。
学生には無理っす。研修医でも無理っす。
回転寿司以外の高級寿司に気兼ねなくいけるのはいつになるのやら・・・

Seattleは魚介類がとても美味しいんです。
Salmonはもちろんのこと、geuduckという貝が絶品でした。ミル貝に似ているそうですが、別物。
こりこりした歯ごたえと、かめばかむほど広がる甘みが口いっぱいに広がって幸せな気分にひたりました。
他にもボタンエビ、ビンチョウマグロ、ウニ、コハダなど素晴らしい品々・・・。
Shiroさんの軽快なトークとともに素晴らしいdinnerでした。

閉店まで粘って、その後はshiroさんと一緒に近くのbarへ。
昔からアメリカへの憧れは強かったらしく、江戸前寿司で修行して25歳でSeattleへ。
英語とかとても苦労したらしいですが、やっぱり一番大事なことは好きなことを追求すること。
好きなことなら目標がもてて、それに向かって努力できるんだと。
ぜひ好きなことを見つけてがんばってくれ!とありがたいお言葉を頂きました。
将来かならずResearch or clinicalでSeattleに戻ってきて再び寿司を食べに行くと約束しました。
いい出会いでした。

ちなみに僕らが座った席にはときどきIchiroとそのwifeが来られるそうで。
fellowいわくいろいろな国でいろいろな寿司を食べたけど、ここがbestだと。
foodieが言うことだから間違いない。

Seattleに行くことがあったらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
そのときはカウンターをおすすめしますよ。
場所はdowntownの、2nd ave, Battery stの交差点です。

最後にあさりのお味噌汁を頂いて、日本に帰りたくなりました。
あと二日頑張りますよっと。
スポンサーサイト
Twitterでつぶやく

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tutti2828.blog29.fc2.com/tb.php/644-37f78d32
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カウンター

30000+

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

つっちー

Author:つっちー
2010.4 - 2012.3: 初期研修
2012.4 - : 後期研修(感染症内科)



にほんブログ村 大学生日記ブログへ

FC2投票

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プレーヤー

リンク

RSSフィード

Copyright © つっちー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。