スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

うろうろ

Urologyは先生方が明るくていい雰囲気です。
教授はカンファ中も頻繁に話をふってくれて、とてもいい人です。
今まででいちばんかも。

今週はope見学がメイン。
大学病院では体腔鏡のopeが多くて、見学者的には非常に助かります。
なぜならモニターに術野がばっちり映るから!
必死に覗き込まなくてもだいじょぶ。
しかも昨日は教授自ら執刀されて、こまめに解説を交えてくれたので理解しやすかった。
解剖も実物を見ながらだと全然定着度が違いますね。

模型みたいなので体腔鏡の練習もさせてもらいました。
モニターみながら操作したり縫合するのはムズカシイ。
でもちょっと練習したらいちおう器械結びできるようになりました。
こりゃ将来外科もアリか・・・

そんななか明日は和歌山へ日帰り実習行ってきます。
ちょっと遠くて大変だけど楽しんできますよっと。
スポンサーサイト
Twitterでつぶやく

シンコク

気づいたら帰国して2週間経ってました。

さてそろそろアタマをよぎるのがマッチング。
7月に病院の採用試験があるんです。
まぁいわゆる就職活動みたいなやつだと思ってもらえればいいです。

第一希望は大学病院を考えていまして、先日説明会も行ってきました。
将来の進路は7割くらい決まってきたんですが、まぁまだまだ迷いますね。
志望診療科は二転三転して、結局最初に考えてたところになりそうです。
けど、入局を決めるのはまだ研修医になってからなので焦ることないんですけどね。
しかし悩みはつきません。。。

いちおう筆記試験もあるので勉強しなくちゃいけないんですが、
QB(コクシ問題集)ほとんど手付かずの状態でどうしろと・・・。
学年内QB解いて無いヤツNO1なんじゃないかという。
しかも1ヶ月感染症実習と観光とワインですっかりアタマがspoilされてしまったのです。

これはまじでやばいかも。

マイナーポリクリはあとふたつ。
UroとPsychです。
結構しんどいのとめっちゃ楽なのです。
うまく時間やりくりして勉強しますかね。

そういえば写真うpとか言っててやってないや。まーそのうち。
Twitterでつぶやく

キコク

土曜の昼(現地時間)に出て、9.5時間のフライト+数時間の乗り継ぎで、日曜の夜(日本時間)に着きました。
いちにちかえせー!

さて最終週の後半はいろいろ大忙しで全然更新できませんでした。
up用の写真はもう準備できてるんですけどね。

最終週の木曜はlocal food restaurantにいったんですけど、ワインだかなんだか飲みすぎたのか、
単に疲れ果ててたところに酒が回ったのか、最後のほうほとんど記憶がありません。
いや、飲みすぎてはないなきっと。肝臓弱ってたんかな。
知らない間にタクシーのって、知らない間に家に着いてました。
Kがつれて帰ってくれたのでそのへんは大丈夫。彼も酔っ払いでしたが。

さてそんな翌日、実はattendingから最後の宿題が出されていたんです。

「stevens johnson syndromeとserum sicknessについて5min eachでプレゼンして♪」

鬼や・・・
そもそも上記の予定が入っていたのでしっかり準備する時間もなく。
uptodate様のおかげでなんとか乗り切りましたとさ。

そんな鬼attendingと思いきや、最終日だからということでみんなを食事に連れて行ってくれました。
水曜の寿司には劣るけど、おいしいすしばー。
Geuduckがほんとおいしいです。ミルガイって併記してあったけど、別物らしい。
Menuの説明してよ、っていわれたけど魚の名前わからん!
もっと勉強していくべきだった。だって日本語ですら説明できんし。

Sake Bombってのをfellowに教えてもらいました。
ぐぐってみればわかりますが、
簡単に説明すると、ビールグラスの上に箸を平行において、その上にぎりぎり不安定な感じでお猪口おきます。
んで、1,2,3、なんちゃらーってさけんでテーブルたたきます。
するとおちょこがビールの中にBomb!あとはいっき。
気のせいかビールがまろやかになったような。

京都で広めて!(親指立てつつ
って言われたのでこそこそ広めてみます。

さて現実に戻りまして・・・

きょうからまいなーぽりくり×4

マッチングの勉強もそろそろ始めないとしゃれにならないのでいろいろがんばります。
Twitterでつぶやく

Seattle photograph collection (1)

連続更新。どんだけ暇なんや。単に眠れないんです。

撮りためた写真の一部を順次公開いたします。

UWMC

大学病院。でも僕は別のところで実習。

UW campus

UWのキャンパスは広い!
そしてキレイ。なかでもこの噴水は皆の憩いの場。


UW library

オススメされた図書館。ハリーポッターにでてきそうな外観。
入ってみた。けど本は借りなかった。

Harborview medical center

実習しているHarborvie medical center・・・の、ほんの一部。
大きくて、建物もいくつかあって、うまく写真がとれなかったんです。
あと2日あるし頑張ってとってみます。

Mount Rainier from Harborview

Harborviewからの眺め。
Mt. Rainierという富士山に似た大きな山が見えます。
シアトルは雨が多いのでこんなに綺麗に見えるのはなかなかないらしく、らっきー。
というか僕がシアトル着いてからぱったり雨は降らないんですけどね。きっと晴れ男。
いまのとこ4週連続週末が快晴で、これはかなり珍しいとか。やっぱ晴れ男。
こりゃあさって帰国したらすぐに雨だな。

今日の写真紹介はこんなところで。
またすぐにうpしますよっと。

Sightseeing中心にたくさんありますのでお楽しみに。
Twitterでつぶやく

foodie

Foodie is an informal term for a particular class of aficionado of food and drink. The word was coined in 1981 by Paul Levy and Ann Barr, who used it in the title of their 1984 book The Official Foodie Handbook.

from wikipedia


children's hospitalのradiology fellowが大学の放射線科の教授の知り合いで、
UWにapplyするときにrecommendation letter書いてもらったりしてお世話になったんですよ。
さらにこちらに来てからも何回も食事に連れて行ってもらって、かーなーり、ご馳走になってます。

italian restaurant, oyster bar, cruising, etc...

そして今日は待ちに待ったSUSHI!!

Shiro's sushi restaurant

というところに連れて行ってもらいました。
fellowがshiroさんと友達で、よく店に通ったり飲みにいったりするそうで。
shiroさんはSeattleに25歳できて43年ということで、USでの寿司のpioneerです。
カウンターに座ってfellowが一言。

「shiro-san, omakase shimasu.」

通はカウンターでこう注文するらしいです。
学生には無理っす。研修医でも無理っす。
回転寿司以外の高級寿司に気兼ねなくいけるのはいつになるのやら・・・

Seattleは魚介類がとても美味しいんです。
Salmonはもちろんのこと、geuduckという貝が絶品でした。ミル貝に似ているそうですが、別物。
こりこりした歯ごたえと、かめばかむほど広がる甘みが口いっぱいに広がって幸せな気分にひたりました。
他にもボタンエビ、ビンチョウマグロ、ウニ、コハダなど素晴らしい品々・・・。
Shiroさんの軽快なトークとともに素晴らしいdinnerでした。

閉店まで粘って、その後はshiroさんと一緒に近くのbarへ。
昔からアメリカへの憧れは強かったらしく、江戸前寿司で修行して25歳でSeattleへ。
英語とかとても苦労したらしいですが、やっぱり一番大事なことは好きなことを追求すること。
好きなことなら目標がもてて、それに向かって努力できるんだと。
ぜひ好きなことを見つけてがんばってくれ!とありがたいお言葉を頂きました。
将来かならずResearch or clinicalでSeattleに戻ってきて再び寿司を食べに行くと約束しました。
いい出会いでした。

ちなみに僕らが座った席にはときどきIchiroとそのwifeが来られるそうで。
fellowいわくいろいろな国でいろいろな寿司を食べたけど、ここがbestだと。
foodieが言うことだから間違いない。

Seattleに行くことがあったらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
そのときはカウンターをおすすめしますよ。
場所はdowntownの、2nd ave, Battery stの交差点です。

最後にあさりのお味噌汁を頂いて、日本に帰りたくなりました。
あと二日頑張りますよっと。
Twitterでつぶやく

new team, abbreviations

最終週(4週目)の水曜が終わりました。
最初は毎日更新する!とか言ってたのに無理でした。すいません。

今週からはteamが一新。
medical studentはそのままで、attending, fellowがごっそり入れ替わりました。
しかも月・火はもう一人のstudentが所用で休みだったので仕事が倍増!!!!

ってほどでもなかったんですがね。
micro roundで供覧する標本のpt infoをいつも15人ほど調べておいて、
その順番が回ってきたらまず簡単に口頭説明するんです。

○○year old IVDU presented with SOB, cough, and weight loss.
He is now on vanco, and mero. He is afebrile and WBC is 15.

みたいな。
んでblood cultureやsputum cultureのsmereを供覧したり、
培養dishのcolonyを見たりにおいをかいだり、感受性検査dishを見たりします。

いつもはもう一人の学生が大半をlook upしてくれて、僕は2~3人しか調べなかったんですけど、
彼女が休みなのでひとりで15人分調べました・・・1時間半あったけど。でも疲れた。

正直まだ時々カルテの略語がわからないときがあります。
初日の絶望感ほどではないが。

プチ略語集(間違ってたらごめんなさい)

c(上にバー) = with
BIB = brought in by
c/o = complaining of
h/o = history of
s/p = status post
MVC = motor vehicle crash
IVDU = intravenous drug user
CTAB = clear to auscultation bilaterally
w/ = with
w/o = without
EOMI = extraocular mucles intact
PERRLA = pupils equal, round, reactive to light, and accomodation
2/2 = secondary to
I&D = irrigation and debridement
OSH = outside hospital
BM = bowel movement
UOP = urinary output
c/c/e = cyanosis, clubbing, edema
NAD = no acute distress
LAD = lymphadenopathy


個人的には2/2がbest.



あ、今から寿司だ。行ってきます ノシ
Twitterでつぶやく

カウンター

30000+

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

つっちー

Author:つっちー
2010.4 - 2012.3: 初期研修
2012.4 - : 後期研修(感染症内科)



にほんブログ村 大学生日記ブログへ

FC2投票

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プレーヤー

リンク

RSSフィード

Copyright © つっちー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。