スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

優先順位ちゃうやろ!

先日後輩に言ったセリフと同じことを友人から言われました。

USMLEの話です。

ポリクリやクラブももちろん大事だけどもう目前だしもうちょっと・・・という話。
反省です。でもなかなか。キッパリ切り捨てるのは出来そうにありませんし。

ううう。


とか言ってるとまた仕事が。
明日一回生とサシでミーティング。
「他に誰もいないし今週他にやる日ないのですが明日やってもらえますか」ときたらどうしますか。
やるでしょう。
でも前日になってきてもなぁ。
いいかげんにしろと。前にいったはずなのに。

なにかおかしいょね。




愚痴になってすみません。
優先順位わかってるけど、なかなかね、という話でした。
どうしよほんと。




話は変わりまして。

ポリクリ第3ラウンド始まりました。
いきなり8時半までかかった。。。3時間なにもせずに待ってたのが無駄やった。
明日はFirst Aidとかもっていこう。

教授の前で身体所見をとる、という時間がありました。ある意味拷問。さらしもん。
じゃんけんで運悪く選ばれてしまいまして、バイタルからアタマ~アシまでほとんどやりました。
背中の診察をすっ飛ばした以外、結果的にはだいたいOK。

「A~Eの五段階で言ったらAだね」

クールな教授からさらっとお褒めの言葉を頂き、大変恐縮でありました。
これもすべてKから事前情報を聞いてビビッて多少復習しておいたからこそでしょう。Kありがとう。
あ、いま静岡だからみてねーか。

現在の科は、malignancyの方が大勢おられて、こちらも気を引き締めていかねば、と思います。
感染等、気をつけるべきこともたくさんあり、seriousな雰囲気の中でも気さくに接してくださる先生方に、
いい意味で空気を読まずガンガン質問して学んでいこうと思います。

一番楽しみにしていた科ですから。

明日も1日、がんばるぞ。
スポンサーサイト
Twitterでつぶやく

ポリクリround2終了

外病院の外科での第2ラウンドおわり。

小さな病院なので、外科以外にもいろいろ見せてもらいました。
整形外科の手術もみれたし、内科の検査も。
手術の助手も(たいしたことしてませんが)やらせてもらえたのが大きかったです。
あ、ふっくうきょうのカメラ持ちは感動した。
カメラワークがうまいらしい。2次元はまかせろ。いや違うか。

担当患者さんは計5人。
術前のヒストリー・身体所見、手術、術後管理など
多くを学ばせてもらいました。
みなさんいい人ばかりで助かりました。

病棟のスタッフとも割りとお話したりして。
大学では考えられないかも?
最後はなぜか囲まれて記念写真。しかし写真もらえない予感。

最後はお世話になった先生・患者さん・手術場の看護師さんなどなど大勢にお礼の挨拶回り。

あっという間の3週間でした。
2週目後半くらいから慣れてきて楽しくなったかな。
意外と長く、しかし意外と短い。適度なのかも。

さて次は待ちに待ったケツナイです。
明日からです。わくわく。どきどき。勉強がんばろ。
Twitterでつぶやく

ふっ

もうどうにでもなぁれ

昨日腹部エコーの見学をしました。
先生が、
「はい息すってー・・・そこで止めて・・・はい楽にしてー」
というたびに患者さんと一緒に息止めてしまうのはなぜでしょう。
そんな自分に気づいて若干恥ずかしく。

あと、
腰椎穿刺のときに髄液がでてくるまでずっとどきどきはらはら、
とか、
今日のIVHポート留置のときの中心静脈穿刺でもどっきどき、
とか。

自分がやってるわけじゃないんだけどね。



さて今日はおそらく中学の時以来であろう単語帳作りをはじめました。
もう必死ですわ。。。
五感をフルに使って薬剤名・作用機序・適応・副作用を暗記中。
Pharmacology手ごわい。TGの言ったとおりだ。
しかしこんなとこで手間取ってる場合ではないのでさくさくいきます。
またゆーすまいる関係は別記事で書こうかなぁ。需要あるか知らんけど。

ちなみにUSMLE関連で検索して訪問される方がちょくちょくいらっしゃいます。
情報が少ないというのは確かで、こんなブログも上位に来てしまうほどなのでしょう。
できるだけお役には立ちたいとは思いますよっ。

それでは今日はこのへんで。

明日は休みイェェェェィ
Twitterでつぶやく

おぺなし

今日は腰椎椎間板ヘルニアの手術を見学しました。
顕微鏡すげー。神経根太ぇー。
あっ、という間に痛みがなくなる整形外科はすごいと思いました。

3週間で

外科:ソケイヘルニア2件、ラパコロン2件、虫垂切除
整形外科:ばね指、変形性膝関節症、肩板損傷、腰椎椎間板ヘルニア

計9件の手術を見たわけです。

今週はもう手術予定がゼロ(!)なのでこれでほぼしゅーりょーーー。
暇な週になりそう。空き時間は勉強かな。

外科もいいな、と考え直した今日この頃。



しかし、あれだ。ポリクリ以外でだ。



じ か ん が な い
Twitterでつぶやく

なんだかんだで

時間がたつのは早いものです。

ポリクリ第2ラウンドも2週目が終わり、あと1週間。

そしたらそのあとは大学戻って血内3週間。するともう夏休み。

夏休みに入ると、合宿があったり、

気づくと8月になってしまって、

夏JEMAでばたばたして、

それが終わって一息つくと・・・USMLE受験日まで10日ほどしか残りません。






10日!!!!!!




いかんいかんいかんいかん


というわけでMESSは最小限にしたいと思います。みんながんばれ。
Twitterでつぶやく

担当する?―はい。

着実に担当患者さんが増えております。

先週は途中までゼロだったのが、今週になってもう5人。
外科なので、アナムネ・身体所見とって、ope。って感じで、そのあと術後管理、と。
それほど1人にかかる労力は、学生としては、多くないのですがね。
さすがに増えてくると・・・

でも頑張るよ!

USMLEもLabもうまくモチベーションを維持しつつ、TOFLEも考えはじめないと。

そしてポリクリも。

明日はラパコロン!
Twitterでつぶやく

"rejectその後"のその後

更新すっかり忘れていました。

reject後、正しく入力して送りなおし、無事accept。
到着してから意外と早かったように思います。
で、それからしばらくしてscheduling permitというのがwebで見れるようになります。
受験登録が正式に済んだことの証明みたいなものでしょうか。

次はプロメトリックという会社のweb siteにいって、何月何日に受験するかを申し込み。

ECFMGに提出した時点では、8月から10月、という3ヶ月の間に受ける、というかたちだったので、
日時を詳細に決める必要があるのです。

というわけで、

8月末に大阪で受験することになりました。

Qbook終わってません。やばい。

同じ時期にうけるTやDはかなり進んでいるので、それを刺激にしてがんばるぞ。




そういや、この2,3週間で3人にUSMLEの勉強方法について相談されました。

ぐぐれかす、とは言わず、知ってる限りのことを教えましたが。
まぁ自分で調べることも必要だけど、情報が少ないのも事実なのでね。

質問がある方は何でも聞いてくださいね。

それでは明日Opeなので早寝・・・・・
Twitterでつぶやく

Surgery & Farewell party

「更新が滞ってるな?」

と催促されての更新です。Tぶちごめん。

先週から外病院で外科であります。
整形外科も見てます。内科の検査も見てます。
すごく親切で、希望したら何でも見せてもらえる感じです。
麻酔の講義もしてもらいました。
あとはマンモの見方でも教えてもらおうかな。

手術は少なめの時期らしく、まだあまり見れていませんが。
そけいヘルニア、腹腔鏡下大腸癌切除、ばね指、変形性膝関節症などです。
来週もちょこちょこ手術見ます。
手洗いして入るのもあります。たのしみっす。

さて話はかわりまして、

今日は同級生の送別会がありました。
大学院に入って、研究室の都合で京都を離れるので。
クラブ内で声をかけたら30人集まりました。さすがです。
若干クラブ外もいましたが、それも感謝です。
将来の展望がしっかり見えている人で、熱い話を聞けました。
最近USMLEやラボやらのモチベーションが下がり気味だったので、これで修正↑↑

俺も、やるぞ。

Nくん、ぜひNagoyaでがんばってください。俺もKyotoでがんばります。

それでは。
Twitterでつぶやく

ポリクリround1終了

毎日カウンターがコンスタントに50件ほど回ってるんですが、
いつも見てくださってる方々ありがとうございます。
最近は更新さぼりがちなんですが、これだけのカウンターを見ると
ちょっと申し訳なかったり。。。
これからはがんばって書いてみます。
訪問者の大半がJEMA関係者といううわさですが、どうなんでしょうか。
よかったら気軽にコメントもして頂きたいところです。

さて、あっという間の3週間が過ぎ、糖尿病でのポリクリが終了しました。
すごくまったりした時間の中で、適度な緊張感と、盛りだくさんの検査見学など、
かなり充実した実習になったと確信しております。
先生方も皆優しい方ばかりで、将来DM専攻の可能性もかなり↑↑ですよまじで。

患者さんを2人ほど担当させて頂きました。
同じ糖尿病といっても、人によって全く違うんですね。
よく言われることなのですが、その人のキャラクターが病気にもあらわれる、と。
確かに症例は偏っていたのかもしれませんが、
糖尿病は循環器・腎臓・眼科などつながりは広く、
糖尿病の治療はもちろん、内科全般のケアについても勉強になりました。

検査もいろいろ見ることができ、
ABIや基礎代謝量測定は実際にやらせてもらいました。
体力測定も自転車こぐやつでやって、意外と体力あることが判明。そんなばかな。
1日だけ市中病院実習もあり、そこでは胃カメラや胃透視、心エコー、さらには薬剤部での調剤などなど、
いろいろな体験をさせて頂きました。
小さな病院は各科のつながりも強く、いろいろやらせてもらえるのでオススメですね。

毎週のカンファレンスでは、入院患者のサマリー報告や、
最後の週では症例検討会も担当させて頂きました。
正直準備にかなり時間をかけたのですが、その分実りあるカンファレンスになり、
パワポで作った経過表(グラフ+薬剤歴+検査値)もかなり好評でお褒めの言葉を頂いたりして、
やっててよかったびーえむしー
なんか僕の作った経過表が今後の症例検討会での資料のモデルとして使われるとかなんとか。
恐縮です。。。

カンファでの質疑応答を聞いていると、学生には難しい議論が多かったように思います。
降圧薬の併用だとか、スタチンの種類の使い分けだとか、
そういった議論の根拠となるのがさまざまな臨床のstudyなんですね。
まさにEBMを実感できたように思います。
でも学生にはしんどいです。薬も商品名が飛び交うし。
割と商品名も覚えてきましたけどね。ありがとう今日の治療薬。

さて今日は糖尿病関係の研究会に出席してきました。
とあるホテルで行われた小規模な研究会ですが、
セミナーは好きですので、4時間にわたる会も全く苦痛ではなかったですね。
インクレチンや、AS with GI angiodysplasia、インスリン抵抗性にかかわる因子、血栓形成機構などなど。
いやー、楽しかった。
ポリクリ学生で参加したのは一人だけだったんですが、
まぁ割と気にせず集中できたのでよかったです。
その後の懇親会も少しだけ出て、おいしい料理をつまみぐい。
何で少しだけなのかというと、研修医の先生の送別会があったからなんです。
研修医4人、学生4人、あと上の先生方が6人ほど。
おいしいワインをたらふく頂きました(酒に弱いのでもうふらふら)。
かなり熱い勧誘を受けましたが。
正直ありえるので、よく考えときますよ。

で、なんか月曜にもおなじような研究会@某ホテルがあるらしく、
そこにも誘われてしまいました。
何度も言うように僕はセミナーや講演会が好きなので、純粋に学問的興味で行くんですよ。
まぁ、今度こそ懇親会でおいしい料理を、、、とも思いますけど。肉。

最初に回った科は、その後にかなり影響される、とも言いますが、さてどうなるでしょうか。

次は外科@外病院です。
アタマを切り替えて、解剖の復習もしつつ、少しは手技も出来たらいいなと期待しつつ。
まぁ明日はゆっくり。

それでは酔いも覚めてきたところで。
皆さんよい週末を。
Twitterでつぶやく

カウンター

30000+

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

つっちー

Author:つっちー
2010.4 - 2012.3: 初期研修
2012.4 - : 後期研修(感染症内科)



にほんブログ村 大学生日記ブログへ

FC2投票

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プレーヤー

リンク

RSSフィード

Copyright © つっちー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。