スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

This is my ID life.

お久しぶりです。

本日から後期研修スタートです。

(正式には明日からです。)

いよいよ感染症内科医としての第一歩が始まります。


2年前にUniversity of Washingtonで実習したことが思い出されます。

まさかあのときは本当にID doctorになるとは思ってもいませんでした。

しっかり勉強して将来はあのときお世話になったfellowやattendingにどこかで会えるといいなあ。


知り合いがほとんどいない新たな環境、市中病院という未知の世界での勤務です。

とにかくがんばってきます。

そしてblogはリニューアルする予定です。またご報告します。

いままでblogを見てくださった皆様、ありがとうございました。

またどこかで。
スポンサーサイト
Twitterでつぶやく

Path life

あれ、2月になっていました。

病理ローテ中です。

感染症科行きを公言しているため、それっぽい検体が次々にあたります。

特に多いのは肺のTBLBですね。抗酸菌や真菌。

つい先日は奇麗なアスペルギルスが見えたためついついスマホで撮影してしましました。

さて今日は胃炎のレクチャーがありました。

感染症関連の胃炎といえばピロリ、だけではなくていろいろあります。

ステロイド治療中の方のCMV胃炎は何度かみたことがあります。

免疫不全ではカンジダ胃炎なんてのもあるみたいです。

Helicobacter胃炎というとpyloriしか思いつきませんが、

1%程度に見られるのがHelicobacter heilmaniiというのがあります。

こちらはイヌやネコの胃粘膜に感染するそうですが、ヒトでもまれにあるとのこと。

pyloriとの鑑別は大きさ、だそうで、pyloriの2倍くらいの菌体だそうな。

Helicobacterというと以前NEJMのMGH case recordで見た症例はHelicobacter cinaediでした。

Helicobacterといってもいろいろあるんですね。

ヘリコヘリコと呼んでる方はご注意ください。

今日はこのへんで。

それではまた。

P.S. 先日の救外でのこと。中年男性が扁桃周囲膿瘍疑い。ABPC/SBT 3g divして入院、その後主治医によりCLDMが追加。もちろん毒素産生性感染症ではありません。俗にいうユナダラ療法ですね。幸い下痢は起こさずに退院となりました。嫌気性菌の無駄なダブルカバーはやめましょう。
Twitterでつぶやく

3年目は・・・

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。










長期放置しすぎました・・・








いろいろありましてちょっと更新してみようと思いました。






さて、2012年になりました。

初期研修ももう終わりにさしかかりました。

3年目からも職場も決まりました。




大学病院から離れて市中病院へ。

専攻は感染症です。




あまりしっかり研修できなかった救急も含めて修行したいと思います。





それではあらためまして今年もよろしくお願い申し上げます。




Twitterでつぶやく

3ヶ月目!

血液内科での研修も最後の1ヶ月に突入。
思えば早かったような気がする。
最初に回る診療科としては良かったです。ゆったりしてて。

いやぁ、だいぶ仕事にも慣れきった感があります。
患者さんの状態が安定していると暇で暇で仕方がない。
電子カルテでのオーダーも完全に慣れてしまって、最近は上級医のオーダー漏れをこっそり直したりしてます。
かといって油断はできません。頑張ります。

病棟業務をこなすことが精一杯だった最初の頃と違って、
各疾患や治療も少しずつ理解できるように空いた時間で勉強しています。

特に大事だなと思うのは感染症。
個人的興味や思い入れもありますが、ホントに大事。
しっかり理解しておかないと日常業務の律速段階となりえます。
あと、好中球減少時の発熱に対して間違った対応をすると洒落になりませんから。

実際に自分でグラム染色をするときもあります。
夜間休日などで検査室が閉まっていたりするとき。
検体をもってICUに行き、グラム染色して検鏡します。
自分の手では下手くそになることが多いですが、この間は綺麗に染まった。
Normal floraでしたが。

同期と話していて、あまり感染症の知識がない人が多いなという印象はあるんですが・・・
・・・実際どの程度必要なんでしょうね?

・第1世代セフェムと第3世代セフェムの違いは?
・第4世代セフェムの特徴は?
・ESBLとは?
・セフェムに自然耐性の菌は?
・カルバペネムに自然耐性の菌は?
・ampCとは?

ちょっと難しいはなしも混じっていますが、最近同期の間で話題になったことです。


例えば、日曜日の日直や当直のとき(上級医がいないとき)に入院患者が熱発したらどうする?


診察いて感染巣を検索、
適切な検体を採取して必要な検査オーダー、
可能ならグラム染色で起炎菌を推定して、
empiric therapyを開始する。


・・・くらいは研修医でもできると思うんですけどね。んで翌日上級医に報告して相談。
もちろん重症度にもよるんでしょうけど。
血液培養、胸部X線、尿培養、の3点セットくらいはささっととれるようにしたいものです。

なかなか細かいところまで覚え切れなくて、
感染症レジデントマニュアルやSanford guideとにらめっこする毎日です。
教科書的知識だけじゃなくて、自分の働いている病院のantibiogramを把握することも大切ですよね。
ああもっと勉強しないと。


市中病院でバリバリ働いている友人のことを思うと、ぼーっとしてる場合じゃない、と気が引き締まります。

感染症の話ばかりになりましたが、もちろん血液疾患の勉強も日々しておりますよ。移植ってすごい。

久々でまとまりのない文章になりましたが今日はこのへんで。

アウトプットも大事。

ではまた。
Twitterでつぶやく

3週目。

どうも。お久しぶりです。
毎日が充実していてついつい更新をほったらかしにしてました。
元気ですよ。

病棟業務にもそろそろ慣れてくる頃です。
電子カルテのオーダーや看護師とのコミュニケーションもだいぶコツがつかめてきたかな。
慣れ始めが怖いので気を引き締めていきます。

学生のときはとりあえずカルテさえかいてればよかったんですが、
研修医になると仕事の幅が広がりますねホントに。

カルテ
検査
処方
注射
輸血
他科依頼
指示
サマリー
etc

うっかり!ってことがないように何度も何度も見直してます。
オーダーは締め切りがいろいろあって、
それを過ぎてしまうといちいちラベルとか印刷してNsに渡して指示出しする必要があったり。
連日締め切り後にあれこれやって恐縮してます。
すんません・・・

まぁ慣れて来たのでだんだん締め切りも守れるはず!!


手技はぼちぼちですかね。
今の診療科は採血は基本的にNsがやってくれるので、
血液培養とるときとか、ルート入れるときとか、そんな感じ。
血培2セット!患者さんを説得!!痛くしてごめんなさい!!

感染症も興味があるのできっちり考えてAbx処方するようにしてます。
グラム染色やりまくる研修病院出身の先生がいらしゃるので頻繁に相談乗ってもらっています。
さらにいろいろレクチャーしてくださったりして。
ホント環境に恵まれています。

患者さんの疾患は大学病院だからか複雑です。
疾患概念がはっきりしていないため論文で調べる必要があったり、
文献漁って上級医とdiscussionしたり、
カンファで叩かれたりw

もちろん基礎もおろそかにはできません。
きっちり学んだ上で、さらに余裕があれば、という感じで。
今は割とゆったりしてるし、受け持ち患者さんも少なめなので自由時間フルに使ってあれこれ調べてます。

ちょっとCPCとかBMC思い出すw

他の科はよく知らないけど、
大学病院だからこそ自分自身の働きかけ次第でいくらでも学べるresourseは転がっているわけで。
深く追求したらきりがないけれど、やれるところまで貪欲に学んでいきたいですね。

ううん、抽象的だな。
例えば、担当じゃない患者さんについても広く目を配ったりね。
もちろん余裕があればだけど!

そんなこんなで忙しくのんびり楽しんで生きてます。

またなんかいいことあったら書こ。

まとまりないけどこんなかんじで。
ではではーーー
Twitterでつぶやく

カウンター

30000+

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

つっちー

Author:つっちー
2010.4 - 2012.3: 初期研修
2012.4 - : 後期研修(感染症内科)



にほんブログ村 大学生日記ブログへ

FC2投票

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プレーヤー

リンク

RSSフィード

Copyright © つっちー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。